神奈川県図書館協会
 

協会からのお知らせ

information >> 記事詳細

2013/03/22

県立図書館機能の見直し案に対する要望書を提出

| by 管理者

 神奈川県は、県の緊急財政対策に基づいて、県立の図書館のあり方について機能の純化・集約化等の見直しを検討しています。
 この問題について、当協会では3月22日、県教育局生涯学習課長を通じて県知事と教育委員会委員長宛に機能の見直しに対する要望書を提出しました。
 今回の見直しは、財政危機に直面する県内の多くの市町村立図書館、大学図書館、専門図書館にとって、同様に投げかけられている課題であると考えて、要望書を提出するとともに、今後も協会として検討の行方を注視してまいります。


【要望】
  1. 県立図書館及び川崎図書館の直接貸出サービスを継続されたい。
  2. 協力貸出の充実にあたっては、KL-NET参加館の負担が増加しないよう、配慮されたい。
  3. 県立図書館及び川崎図書館の今後のあり方について、県民、職員及び図書館関係者の意見を十分に反映させつつ検討する場を、継続して設けられたい。

 要望書の全文はこちら(PDFファイル/216KB)



17:00 | お知らせ